【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

織田信長の叔母が日本三大山城美濃国のおんな城主「おつやの方」と織田家の家系図。

美濃国岩村女城主・おつやの方は織田信長の叔母絶世の美女として生まれ。  織田信長の叔母のお直の方またはおつやの方は、愛西市の勝幡城で(信長の生まれた城)で、信長の祖父織田信定(1538年没)の末娘とし …

恵那市岩村城下町の誕生は、山上村(やまがみむら)聚落発祥地があったればこそできた町。

武家の発生と城 : 文治元年に加藤景廉が岩村の荘園所有者になる。    我が大和民族の政治・経済史を紐解く時、はじめ国民みんな、農の土着農民時代からやがて、地方豪族の発生(荘園所有者※)によって自己勢 …

武田・織田の戦国武将が自らの勢力図を作るために岩村城の女性「おつやの方」を襲う。

戦国時代の陣取り合戦、真っ只中にいた女性は?信長の叔母「おつやの方」。    1572年10月、武田信玄が西上作戦を開始すると、秋山虎繁(秋山信友)と山県昌景は別働隊として3,000にて奥三河へ侵攻さ …

織田信長が岩村城を落としたことを喜んで、徳川家康に出した 黒印状で真実がでた。

真実を語る、織田信長が家康に黒印状を送る。 岩村町教育委員会と岩村町郷土読本編集委員会の西尾精二さんとの意見が違うから‥。 いまなお、現地(岩村町地内)に、おつやの方の表札が立っている。   …

岩村藩城主は大給宗家の松平家。二万石から三万石に領地を増やし、佐藤一斎も輩出した岩村藩。

徳川時代によく使われる、(大給という言葉の)大給とは? 大給城(おぎゅうじょう)は、現在の愛知県豊田市大内町にあった山城。   築城主は長坂新左衛門、築城年は15世紀末頃、主な城主:大給松平 …

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。