【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

臨済宗妙心寺高層和尚・希庵和尚を襲撃した祟りで武田信玄の天下取りは幻に終わった

武田信玄が無理やり希庵を我が家来にしようとしたところ、希庵は頑として断ったため信玄は殺せと命じた。 希庵玄密(生年不詳で元亀3年(1572年)12月30日)戦国時代末の臨済宗妙心寺派の高層です。 &n …

信長と信玄の戦いに翻弄された女城主 怨み言葉を残して信長七年後に本能寺で死す。

信長に政略結婚をさせられ、武田軍の秋山に攻められたときも、援軍は来ず味方の兵士も助けたい一心で秋山と結婚。     元亀3年(1573年)信玄は西上作戦を開始する前に、木曽義昌と遠 …

明智光秀が『本能寺の変』で信長を自刃に追い込んだ真実を読み解く書物の正誤は?

明智光秀が足利義昭の家来になるまで、また信長に仕えるまでの経歴。 先ず、光秀の子於隺丸(おづるまる)の子孫、明智憲三郎の書いた「本能寺の変431年目の真実」を参考にしました。日本歴史学会会員。 &nb …

織田信長の叔母が日本三大山城美濃国のおんな城主「おつやの方」と織田家の家系図。

美濃国岩村城の女城主・おつやの方は織田信長の妹お市の方と共に絶世の美女として生まれが、年下の叔母である。     織田信長の叔母のお直の方またはおつやの方は、愛西市の勝幡城で(信長の生まれた …

岩村町の夏祭りは、後鳥羽上皇が起こした「承久の乱」の若い公家の悲しい物語。

岩村の夏祭りには、こんな悲しい物語があった。  鎌倉時代の承久3年(1221年)に後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた反乱。   これが承久の乱または承久合戦とも …

東美濃の岩村城の歴史(いまから800年余に鎌倉時代に築城された山城、日本三大山城の一つ、他に岡山の備中『松山城」奈良県の「高取城」があります)について書いています。のちに世間に有名な人物は林述斎・佐藤一齋等を輩出した岩村藩は江戸時代になって松平乗紀(のりただ)が城下に藩学としては全国で3番目にあたる学舎を興し、知新館の前身である文武所とた。気楽に読んで頂ければ嬉しいです。

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。