【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

佐藤一斎・美濃国岩村藩出身で、幕末の西郷隆盛・坂本龍馬・勝海舟に影響を与えた言志四緑。

佐藤家のルーツ、佐藤一斎は岩村藩出身で幕末に生きた儒学者 美濃国岩村藩出身の著名な儒学者である。 安永元年(1772年)に江戸浜町の岩村藩邸下屋敷内で生を受ける。          ▲ここが …

美濃国岩村城誕生。源 頼朝の重臣加藤景廉が遠山荘の地頭になり、息子景朝が築城。

【なぜ?岩村に城が築かれたのか?】       まず岩村へお越しの皆様に一言、平成16年10月25日に恵那市と合併する前は、岐阜県恵那郡岩村町でした。 人口が減ったおかげ …

歴代藩主:松平家乗・丹羽氏信・松平乗紀等移封して来た菩提寺と徳祥寺の【第一関】扁額。

松平家乗は天正3年(1575年)生、大給松平家第5代松平真乗の長男、母は戸田忠重の娘、正室は石川康通。幼名は源次郎。   戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。天正10年(1582年 …

岩村城の遠山景任の妻おつやの方は信長とは年下の叔母の仲、信長の愛刀「へし切長谷部」。

岩村城の女城主は、いわゆる信長の年下の叔母さんです。 叔母ということは信長の祖父〔尾張国の織田大和守家(清洲織田氏)に仕える清洲三奉行の一つである織田弾正忠家の当主で勝幡城の当主で信定は信貞とも書く。 …

明智光秀が『本能寺の変』で信長を自刃に追い込んだ真実を読み解く書物の正誤は?

明智光秀が足利義昭の家来になるまで、また信長に仕えるまでの経歴。 先ず、光秀の子於隺丸(おづるまる)の子孫、明智憲三郎の書いた「本能寺の変431年目の真実」を参考にしました。日本歴史学会会員。 &nb …

東美濃の岩村城の歴史(いまから800年余に鎌倉時代に築城された山城、日本三大山城の一つ、他に岡山の備中『松山城」奈良県の「高取城」があります)について書いています。のちに世間に有名な人物は林述斎・佐藤一齋等を輩出した岩村藩は江戸時代になって松平乗紀(のりただ)が城下に藩学としては全国で3番目にあたる学舎を興し、知新館の前身である文武所とた。気楽に読んで頂ければ嬉しいです。

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。