【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村城主遠山景任、信長の叔母「おつやの方」を正室に娶り(めとり)ひそかに姫を産む。

まさか?と思われる出来事。美形の姫がいた、その姫は淵に身を投げた。 戦国時代の女性は殆どが名前は不詳であり、「おつやの方」「お直の方」と 多く使われていますが、『三河風土記』に遠山景任(かげとう)を「 …

恵那市岩村町の誕生は、山上村の土着農民聚落発祥地があったればこそできた町。

武家の発生と城 : 文治元年に加藤景廉が岩村の荘園所有者になる。    我が大和民族の政治・経済史を紐解く時、はじめ国民みんな、農の土着農民時代からやがて、地方豪族の発生(荘園所有者※)によって自己勢 …

織田信長が岩村城を落としたことを喜んで、徳川家康に出した 黒印状で真実がでた。

秋山信繁とおつやの方を磔にした時の、黒印状が出てきた。 それは家康に宛てて出した、織田信長の黒印状が出てきた。 これでも岩村町教育委員会は大将陣で処刑したと言って今なを表札が立っている。   …

岩村城の遠山景任の妻おつやの方は信長とは年下の叔母の仲、信長の愛刀「へし切長谷部」。

岩村城の女城主は、いわゆる信長の年下の叔母さんです。 叔母ということは信長の祖父〔尾張国の織田大和守家(清洲織田氏)に仕える清洲三奉行の一つである織田弾正忠家の当主で勝幡城の当主で信定は信貞とも書く。 …

日本三大山城の一つ岩村城の始まりは加藤景廉、遠山氏以降の城主と登ってみたい本丸まで。

岩村城の始まりと本丸までの道案内。 岩村城の始まりは、鎌倉幕府が出来ると源 頼朝は功臣、加藤景廉をこの 遠山荘の地頭とし、嫡男加藤景朝はここに住み遠山姓を称した。               …

東美濃の岩村城の歴史(いまから800年余に鎌倉時代に築城された山城、日本三大山城の一つ、他に岡山の備中『松山城」奈良県の「高取城」があります)について書いています。のちに世間に有名な人物は林述斎・佐藤一齋等を輩出した岩村藩は江戸時代になって松平乗紀(のりただ)が城下に藩学としては全国で3番目にあたる学舎を興し、知新館の前身である文武所とた。気楽に読んで頂ければ嬉しいです。

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。