【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村町の三森山は信仰の山、救いを求めた大圓寺・富田地区の住民たち、恵那山と天照大神。

岩村町三森神社の由来と恵那山の由来 三森神社のことを地元(現・岩村町富田)の人は、”三森さん“;とこんなふうに呼んで親しいです、特に富田地区の関わりは歴史上深い繋がりを持っています。   & …

飯高観音は美濃国・岩村城創建より前平安時代に修験道の寺として開基されてた。

飯高山 萬勝寺は(通称)飯高観音と呼ばれて親しまれ御朱印・厄払い、恵那三十三観音の第13番札所。                  ▲飯高山萬勝寺・飯高観音への地図です。      …

岩村城藩主邸跡地の佐藤一斎翁銅像にて小泉元総理も「言志祭」に参列して一斎を偲んだ。

美濃国・岩村城の藩主邸跡地で、佐藤一斎をしのぶ「言志祭」に元首相参列。  平成21年(2009年)10月24日藩主邸跡地に佐藤一斎翁像の前で、没後150年にあたり関係者ら約400人の出席で行われました …

岩村城下町で朝ドラ『半分、青い。』を撮影、そんな町が信玄×信長の戦いの舞台になった。

こんにちは、隆太郎です。 生まれ生国は美濃国岩村の武士の子として生まれ、大きくなるまでは岩村城の歴史は無関心で岩村高校を卒業、ある時期歴史に関心を持ち始めました。         遠山家最後 …

遠山の金さんは北町奉行、片や南町奉行は妖怪こと鳥居耀蔵2人の共通点は?

遠山の金さんと妖怪鳥居耀蔵は、同じ東美濃国がルーツ。  ご存知、遠山の金さんこと遠山左衛門尉景元は寛政5年(1793年)〜安政2年(1855年)63歳で没。         ▲中央線の「恵那 …

東美濃の岩村城の歴史(いまから800年余に鎌倉時代に築城された山城、日本三大山城の一つ、他に岡山の備中『松山城」奈良県の「高取城」があります)について書いています。のちに世間に有名な人物は林述斎・佐藤一齋等を輩出した岩村藩は江戸時代になって松平乗紀(のりただ)が城下に藩学としては全国で3番目にあたる学舎を興し、知新館の前身である文武所とた。気楽に読んで頂ければ嬉しいです。

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。