【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村城下町の中心地に枡形地形がある祥雲寺(庚申堂)の三基石仏。地元最古の石像物。

 岩村藩の城下町にある、祥雲寺(庚申堂)にある三基の石造仏。 歴史掘りおこし委員会を参照して文章を作成。 岩村城下町・下木戸の枡形に祥雲寺(庚申堂)があります。     境内には高 …

江戸時代に創設された恵那三十三霊場を「ぶらっと遍路」して心身共にリフレッシュしよう。

   恵那三十三観音霊場巡り 恵那三十三霊場に対して西美濃三十三霊場があります。 西美濃三十三霊場は、大垣市を中心とする西濃2市7町から選定された三十三寺で構成され、美濃国西美濃一帯に広がる巡礼地です …

織田信長の叔母が日本三大山城美濃国のおんな城主「おつやの方」と織田家の家系図。

美濃国岩村女城主・おつやの方は織田信長の叔母絶世の美女として生まれ。  織田信長の叔母のお直の方またはおつやの方は、愛西市の勝幡城で(信長の生まれた城)で、信長の祖父織田信定(1538年没)の末娘とし …

日本三大山城の一つ岩村城、源 頼朝から遠州浅羽、伊豆牧之郷等と美濃国岩村の所領を与えられる。

岩村城と加藤景廉と遠山荘とは。 加藤景廉(1166年〜1221年)は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけた武将で鎌倉幕府の御家人。          ▲岩村町山上にある腰掛け岩に腰を下ろしてい …

岩村城主遠山景任、信長の叔母「おつやの方」を正室に娶り(めとり)ひそかに姫を産む。

まさか?と思われる出来事。美形の姫がいた、その姫は淵に身を投げた。 戦国時代の女性は殆どが名前は不詳であり、「おつやの方」「お直の方」と 多く使われていますが、『三河風土記』に遠山景任(かげとう)を「 …

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。