【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村藩城主は大給宗家の松平家。二万石から三万石に領地を増やし、佐藤一斎も輩出した岩村藩。

徳川時代によく使われる、(大給という言葉の)大給とは? 大給城(おぎゅうじょう)は、現在の愛知県豊田市大内町にあった山城。   築城主は長坂新左衛門、築城年は15世紀末頃、主な城主:大給松平 …

美濃国岩村・遠山景任亡き後岩村城女城主が武田信玄・甥の信長を相手に戦国を駆け巡る。

織田信長・武田信玄が狙った重要拠点の美濃国岩村城。    ※鎌倉幕府時代と岩村。 この物語はいわむら町まちづくり実行委員会「いわむら昔ばなし余話」から引用し「旅人隆太郎君」が主観でつくった文です。あら …

岩村城下町の中心地に枡形地形がある祥雲寺(庚申堂)の三基石仏。地元最古の石像物。

 岩村藩の城下町にある、祥雲寺(庚申堂)にある三基の石造仏。 歴史掘りおこし委員会を参照して文章を作成。 岩村城下町・下木戸の枡形に祥雲寺(庚申堂)があります。     境内には高 …

武田信玄のエゴで希庵和尚を殺したことから、祟りで天下を取る歯車が狂ったような気がする。

希庵和尚を襲撃した祟りで、信玄の死で天下が幻に終わった。 希庵玄密(生年不詳で元亀3年(1572年)12月30日)戦国時代末の臨済宗妙心寺派の高層です。     京都妙心寺の管理職 …

武田・織田の戦国武将が自らの勢力図を作るために岩村城の女性「おつやの方」を襲う。

戦国時代の陣取り合戦、真っ只中にいた女性は?信長の叔母「おつやの方」。    1572年10月、武田信玄が西上作戦を開始すると、秋山虎繁(秋山信友)と山県昌景は別働隊として3,000にて奥三河へ侵攻さ …

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。