【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村城下町で朝ドラ『半分、青い。』を撮影、そんな町が信玄×信長の戦いの舞台になった。

遠山家最後の城主・遠山景任亡き後、おつやの方(女城主)の岩村城での戦い。 おつやの方は朝ドラ主演の鈴愛のような綺麗な女性だったのだろうか?   「岩村城の戦い」はなんで起こったかと言う事を知 …

織田信長の叔母が日本三大山城美濃国のおんな城主「おつやの方」と織田家の家系図。

美濃国岩村女城主・おつやの方は織田信長の叔母絶世の美女として生まれ。  織田信長の叔母のお直の方またはおつやの方は、愛西市の勝幡城で(信長の生まれた城)で、信長の祖父織田信定(1538年没)の末娘とし …

岩村城の女城主「おつやの方」絶世の美女のため悲劇的な生涯、織田信長と武田信玄に翻弄される。

岩村城またの名を霧ヶ城標高717m・城下町は標高500m〜520mの高低差がある。 岩村城は加藤景廉が鎌倉時代に長男の景朝に築かせたお城です。 上記の加藤景廉をクリックしてもらうと加藤景廉のことが書い …

三遠山(岩村城・明智城・苗木城)から戦国時代に、そして徳川時代〜廃城へ。

  【加藤景廉】平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の御家人。 藤原利仁の流れを汲む加藤景員の次男。   ▲加藤景廉   別のページに加藤景廉の事が書いてあります …

織田信長に磔刑で殺された「女城主」、恨み言葉を残して信長七年後に本能寺で死す。

織田信長と武田信玄の戦いに翻弄されたか?岩村城。  元亀3年(1573年)信玄は西上作戦を開始する前に、木曽義昌と遠山直景に命じて飛騨の三木自綱を攻めさせた。     この戦いで遠 …

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。