【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村城の菩提寺・明覚寺大圓寺の歴史・岩村城と加藤景廉、八幡・武並神社へのアクセス。

      明覚寺大圓寺 は臨済宗妙心寺派の大寺で、遠山荘地頭、岩村城主遠山氏の菩提寺として南北朝時代の建武※2年(1335年)に臨済宗の高僧 峰翁祖一を迎えて、遠山一族の総力を結 …

飯高観音の僧が兄が亡くなったため、変身し美濃国明知城の城主になって活躍。

【遠山家】岩村城・明知城・苗木城の関係    岩村城は元治元年(1185年)源 頼朝が全国守護・地頭を置いたとき、重臣の加藤景廉に功績があったので、遠山荘の地頭に補せられた※1。 ※1補せられたとは→ …

あっと驚く!織田信長と武田信玄が要の地域を紛争の場とした遠山荘。

     ※鎌倉幕府時代と岩村。 この物語はいわむら町まちづくり実行委員会「いわむら昔ばなし余話」から引用し「旅人隆太郎君」が主観でつくった文です。あらかじめご了承ください。   …

織田信長の叔母が日本三大山城美濃国のおんな城主「おつやの方」と織田家の家系図。

美濃国岩村女城主・おつやの方は織田信長の叔母絶世の美女として生まれ。  織田信長の叔母のお直の方またはおつやの方は、愛西市の勝幡城で(信長の生まれた城)で、信長の祖父織田信定(1538年没)の末娘とし …

日本三大山城の一つ岩村城、源 頼朝から遠州浅羽、伊豆牧之郷等と美濃国岩村の所領を与えられる。

岩村城と加藤景廉と遠山荘とは。 加藤景廉(1166年〜1221年)は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけた武将で鎌倉幕府の御家人。          ▲岩村町山上にある腰掛け岩に腰を下ろしてい …

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。