美濃国岩村城の歴史と関連武将たち

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

未分類

大阪夏の陣に参戦した浪人五人衆の武将とその他の武将の名前と指揮した大野治長

投稿日:

 後藤又兵衛は黒田官兵衛を支えるも、息子・黒田長政に疎まれた名将です。

 

 

その話は別の機会にしますが、まずは、大阪夏の陣に参戦した浪人五人衆とは、後藤又兵衛・長宗我部盛親・毛利勝永・明石全登・真田幸村の事をさしています。

 

 

その他、関ヶ原の戦いで徳川家より改易になった武将も参戦して、勝る勝負をみすみす逃した大阪の夏の陣でした。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

大阪方に参戦した武将たち

豊臣家では、徳川家と戦が控え浪人たちを多く集めた10万人ともいわれる。
ゾロゾロと大阪城に入城した浪人の中には、大将級の者以外にも、過去に関ヶ原の戦いで西軍に加担するなどして改易された武将の子弟達がいた。

 

 

その中には、真田幸村の義父・にあたる名将・大谷吉継の子・大谷吉治もいた。

 

 

父・吉継戦死後、各地を放浪した末、慶長19年(1614年)10月大阪城へ入城する。

しかし、夏の陣天王寺口の戦いで戦死した。

 

 

他にも、信濃小諸城主・仙石秀久の嫡男・仙石秀範や、浅井長政の3男・浅井井頼(養子とも)つまり淀殿の義弟とされる、福島正則の弟・福島正守や細川忠興の次男・細川興秋など、徳川方の大名の子も少なくなかった。

 

 

その他、現役大名は誰一人誘いに応じなかったものの、大阪方は秀吉の遺産が蓄えられ金に物いわせ、10万人ともいわれる兵を集め、開戦の準備を勧めていった。

 

スポンサーリンク

 

大野治長と城外出撃論

この男、大野治長は無策の持ち主だったらしい、10万人越えの浪人衆を召し抱え大軍に膨れ、にわかつくりの烏合の衆で統制が難しく、譜代と新規召し抱えの武将との間の調整は容易ではなかった。

それを統括してた男が大野治長である。

 

 

 

治長の母・大蔵卿は淀殿の乳母であり、淀殿と治長は乳兄弟になる。
豊臣家家老の片桐且元が去った後、この治長が大阪方の総師として仕切っていたが、戦場での経験は少なく、しかも、武将の意見は淀殿に伺い決定したという。

 

 

そうした治長の統括権は、軍議にも及んだ。

大阪城内では浪人衆を交えた軍議が盛んに行われた。

 

 

『難波戦記』によると、まず大野治長が、片桐且元の茨木城を落として京を焼き討ちして、京都所司代の板倉勝重を虜にしてはどうかと積極策を提案したという。

 

 

ここで真田幸村は、京を占領しても宇治・勢多を越えられては意味がないと主張し、さらに後藤又兵衛も、この案に和して「徳川方の全軍が大阪に到着する前に、宇治・勢多の橋を落として畿内西国との往来を阻めば、諸大名も味方に着くだろう」と治長の上を行く攻勢を主張した。

 

 

この時点では、あくまで籠城は最後の手段であったのだ。
しかし、浪人衆の小幡景憲が、「宇治・勢多を守って古来勝利した者はない」と異論を唱えると、結局治長は籠城策を採用する。

 

 

大阪城はかつて豊臣秀吉が富と権力を結集して築城し、幅40〜50間(1間=180m)もある堀を備えた広大堅固な巨城であった。

 

 

大野治長や淀殿は浪人衆より、この防護力を頼みにしたのだった。

こうして大阪方は積極策を否定し、援軍ないないなかでの籠城策を選ぶこととなる。

 

 

幸村が提案した出撃論は危険だったとの指摘がある. というのも浪人の寄せ集めでである大阪方の脆弱な統率力では、長距離出撃した部隊が制御不能になる可能性が高かった。

 

 

さらには、軍議が開かれた頃には、すでに数万の大軍が上方へ進出しており、出撃の意図が阻まれいたと思われる。そうしたことから、籠城策が賢明であったというのであった。

 

 

 

-未分類

執筆者:

関連記事

関ヶ原の戦いは九月十五日東濃の関ヶ原の戦い前哨戦とは

 徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が天下を二分して衝突した「関ヶ原の戦い」。     戦国史のクライマックスは関ヶ原ばかりに目が行きがちだが、同時期に東濃地域でも地元の両勢力 …

岩村城は鎌倉時代に守護職・地頭を任される景廉からー戦国時代・そして徳川時代

  【加藤景廉】平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の御家人。 藤原利仁の流れを汲む加藤景員の次男。                                     …

岩村城下にある大将陣と大将塚 ー丹羽氏建立の五仏寺建立

 岩村町にある岩村城は、なんと言っても今から約830年前に、加藤景廉の嫡男・遠山景朝がお城山に砦を築いたのが始まりです。                                   …

義高と大姫の純愛が親同士の争いで突如悲劇になる

   源頼朝の最初の子といえば、平氏の伊東祐親の娘・八重姫との間に生まれた千鶴丸います。(祖父の命で殺される)     八重姫の親に反対され子供まで殺されてしまい、狙われる羽目にな …

女城主の城下町に、朝ドラ「半分、青い。」舞台のロケ地の写真満載と岩村名物紹介

連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン役の永野芽都さんが風船を持って町中をスキップして歩くところは、下記の写真は岩村町中心にある枡形地形の岩村名物「水半漬物販売店」さんの前で撮影された者です。 &n …

東美濃の岩村城の歴史(いまから800年余に鎌倉時代に築城された山城、日本三大山城の一つ、他に岡山の備中『松山城」奈良県の「高取城」があります)について書いています。のちに世間に有名な人物は林述斎・佐藤一齋等を輩出した岩村藩は江戸時代になって松平乗紀(のりただ)が城下に藩学としては全国で3番目にあたる学舎を興し、知新館の前身である文武所とた。気楽に読んで頂ければ嬉しいです。