【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村城主遠山景任、信長の叔母「おつやの方」を正室に娶り(めとり)ひそかに姫を産む。

まさか?と思われる出来事。美形の姫がいた、その姫は淵に身を投げた。 戦国時代の女性は殆どが名前は不詳であり、「おつやの方」「お直の方」と 多く使われていますが、『三河風土記』に遠山景任(かげとう)を「 …

鎌倉幕府の開創から徳川時代に至るまでの『岩村城の城郭の構造と藩主邸。』

恵那市岩村町ってどこだろう?そんなに古いお城「岩村城」があったの? ここが城山の麓の藩主邸跡です。 資料館があります。                            ▲ここが岩村城藩 …

遠山の金さんは北町奉行、片や南町奉行は妖怪こと鳥居耀蔵2人の共通点は?

遠山の金さんと妖怪鳥居耀蔵は、同じ東美濃国がルーツ。  ご存知、遠山の金さんこと遠山左衛門尉景元は寛政5年(1793年)〜安政2年(1855年)63歳で没。         ▲中央線の「恵那 …

恵那市岩村町の誕生は、山上村の土着農民聚落発祥地があったればこそできた町。

武家の発生と城 : 文治元年に加藤景廉が岩村の荘園所有者になる。    我が大和民族の政治・経済史を紐解く時、はじめ国民みんな、農の土着農民時代からやがて、地方豪族の発生(荘園所有者※)によって自己勢 …

日本百名城の一つ岩村城までの案内と城下町散策の歴史的建物の説明。

「岩村」駅を降りると岩村城が見える・麓に歴史ある城下町。 岩村町は標高が駅付近で500mから城下町へ登って行くにつれて515mと高低差があり、夜は気温がぐ〜んとさがります。 そんな岩村城は日本百名城の …

東美濃の岩村城の歴史(いまから800年余に鎌倉時代に築城された山城、日本三大山城の一つ、他に岡山の備中『松山城」奈良県の「高取城」があります)について書いています。のちに世間に有名な人物は林述斎・佐藤一齋等を輩出した岩村藩は江戸時代になって松平乗紀(のりただ)が城下に藩学としては全国で3番目にあたる学舎を興し、知新館の前身である文武所とた。気楽に読んで頂ければ嬉しいです。

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。