【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

歴代藩主:松平家乗・丹羽氏信・松平乗紀等移封して来た菩提寺と徳祥寺の【第一関】扁額。

松平家乗の龍巖寺    徳川時代に入って初代岩村藩主松平家乗は、天正3年(1575年)生、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。     大給松平家第5代「松平真乗」の長男 …

岩村町歴史の街並は、もともと岩村城を中心に武家屋敷と東西に本通りが造られた。

岩村町の八幡神社・武並神社に神として祀っている景廉・景朝公とは 岩村の町は、下の図のように東西に伸びています。 もともと城が出来る前は、西の方に山上邑がありました。 そこが発祥地のようです。     …

織田信長が岩村城を落としたことを喜んで、徳川家康に出した 黒印状で真実がでた。

真実を語る、織田信長が家康に黒印状を送る。 岩村町教育委員会と岩村町郷土読本編集委員会の西尾精二さんとの意見が違うから‥。 いまなお、現地(岩村町地内)に、おつやの方の表札が立っている。   …

岩村城の誕生は、山上村(やまがみむら)聚落発祥地があったればこそできた町。

武家の発生と城 : 文治元年に加藤景廉が岩村の荘園所有者になる。    我が大和民族の政治・経済史を紐解く時、はじめ国民みんな、農の土着農民時代からやがて、地方豪族の発生(荘園所有者※)によって自己勢 …

三遠山(岩村城・明智城・苗木城)から戦国時代に、そして徳川時代〜廃城へ。

  【加藤景廉】平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の御家人。 藤原利仁の流れを汲む加藤景員の次男。   ▲加藤景廉   別のページに加藤景廉の事が書いてあります …

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。