【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岩村町の夏祭りは熱い「承久の乱」とは?朝廷&武士の戦いで藤原信能を祀ってある「若宮さん」神社。

巌邑神社(若宮さん)に後鳥羽上皇の忠臣一条宰相中将藤原信能卿が捕らえられ遠山景朝に斬首され合原亡骸が祀ってある。 これは、後鳥羽上皇が鎌倉幕府が倒れたとき、政権を朝廷に取り戻そうと号令をかけた一幕であ …

岩村城の城下は以前は富田地区にあった、天正時代に入って城主・河尻鎮吉が今の城下に移転する。

岩村城・築城は源頼朝の重臣・加藤景廉が望んで貰った東濃地方で荘園所有者になる。 岩村城は別名霧ヶ城ともいわれ、徳川時代には松平三万石の居城で、城は岩村町の東方717mの山の上ある。   &n …

『半分、青い。』のロケ地は、加藤景廉がこの地に居を構えた民話と腰掛岩、弁慶杉・鴨長明の言われ

     ※鎌倉幕府時代と岩村。 この物語はいわむら町まちづくり実行委員会「いわむら昔ばなし余話」から引用し「旅人隆太郎君」が主観でつくった文です。あらかじめご了承ください。   …

日本三大山城の岩村藩から老中を出し、城下町の護り固く徳川時代を偲ばれる。

岩村城下町の街路の軍事的施設。藩主邸には地下室もあった。    岩村藩から老中を出した美濃国岩村城、まず城下の辺緑※1(へんえん)に3ヵ所の枡形を作って防禦(ぼうぎょ)の據点(きょてん)としたのである …

岩村町の三森山は信仰の山、救いを求めた大圓寺・富田地区の住民たち、恵那山と天照大神。

岩村町三森神社の由来と恵那山の由来 三森神社のことを地元(現・岩村町富田)の人は、”三森さん“;とこんなふうに呼んで親しいです、特に富田地区の関わりは歴史上深い繋がりを持っています。   & …

東美濃の岩村城の歴史(いまから800年余に鎌倉時代に築城された山城、日本三大山城の一つ、他に岡山の備中『松山城」奈良県の「高取城」があります)について書いています。のちに世間に有名な人物は林述斎・佐藤一齋等を輩出した岩村藩は江戸時代になって松平乗紀(のりただ)が城下に藩学としては全国で3番目にあたる学舎を興し、知新館の前身である文武所とた。気楽に読んで頂ければ嬉しいです。

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。