【日本三大山城】岩村城の歴史

美濃国岩村城の生い立ちから戦国時代をかけて来た、織田信長の叔母である「おつやの方」女城主、徳川時代の平和時代から明治維新まで歴史のあれこれ。

関連記事

岩村城主遠山景任、信長の叔母「おつやの方」を正室に娶り(めとり)ひそかに姫を産む。

まさか?と思われる出来事。美形の姫がいた、その姫は淵に身を投げた。 戦国時代の女性は殆どが名前は不詳であり、「おつやの方」「お直の方」と 多く使われていますが、『三河風土記』に遠山景任(かげとう)を「 …

女城主の里の農村景観日本一にある民宿「茅の宿」にあるのは尾張徳川家62万石「釣姫」さまのお雛様。

女城主の城に尾張藩釣姫のお雛さまがある。 11代将軍徳川家斉の孫娘岩村藩に御輿入れ。   いまの時代なら、凄いニュースになって居ただろうと思います。     尾張徳川家1 …

岩村城址を観光。岩村城女城主の先祖が『神』になった源頼朝の重臣加藤景廉と遠山景朝。

岩村城(別名 霧が城)は日本三大山城の中でも標高717mもある。 難攻不落の城、敵が攻めて来たら蛇骨を霧ケ井戸に投げ込むと‥たちまち山城一面に 霧が出て周囲を覆い隠すという謂れがある。別名「霧ヶ城」と …

岩村城下町の中心地に枡形地形がある祥雲寺(庚申堂)の三基石仏。地元最古の石像物。

 岩村藩の城下町にある、祥雲寺(庚申堂)にある三基の石造仏。 歴史掘りおこし委員会を参照して文章を作成。 岩村城下町・下木戸の枡形に祥雲寺(庚申堂)があります。     境内には高 …

三遠山(岩村城・明智城・苗木城)から戦国時代に、そして徳川時代〜廃城へ。

  【加藤景廉】平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の御家人。 藤原利仁の流れを汲む加藤景員の次男。   ▲加藤景廉   別のページに加藤景廉の事が書いてあります …

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。